富士山世界文化遺産の構成資産紹介「須山口登山道(現御殿場口登山道)」|お知らせ|富士山・山中湖の別荘ならフジヤマスタイル

MENU

資料請求/お問い合わせ/現地見学|富士山の別荘ならフジヤマスタイル

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

HOME > お知らせ > 富士山世界文化遺産の構成資産紹介「須山口登山道(現御殿場口登山道)」

富士山世界文化遺産の構成資産紹介「須山口登山道(現御殿場口登山道)」

NEW

富士山世界文化遺産の構成資産紹介「須山口登山道(現御殿場口登山道)」

須山浅間神社を起点とし、山頂南東部に至る登山道が「須山口登山道(現御殿場口登山道)」です。

その起源は明らかではありませんが、古文書では1486年にはその存在が確認されています。

宝永(ほうえい)噴火(1707年)では、壊滅的な被害を受け、登山道の全体が復興したのは、1780年のことでした。

資産の範囲は、現在の御殿場口登山道となる標高2,050m以上と信仰の対象であった須山御胎内(おたいない)周辺(標高1,435から1,690mまで)です。

Posted by

お知らせ

別荘をお探しの方へ、まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談はこちら 0120-232-236 受付時間9:00~18:00

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

  • 夏の別荘キャンペーン
  • 十里木高原別荘地
pagetop

お電話でのご相談はこちら 0120-232-236

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

閉じる