Vol.15 山中湖を走り、泳ぐ。絶景の富士山を 五感で満喫する水陸両用バス。|暮らし|ライフスタイル&グルメ紹介|富士山・山中湖の別荘ならフジヤマスタイル

MENU

資料請求/お問い合わせ/現地見学|富士山の別荘ならフジヤマスタイル

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

HOME > ライフスタイル&グルメ紹介 > 暮らし|Vol.15 山中湖を走り、泳ぐ。絶景の富士山を 五感で満喫する水陸両用バス。

Vol.15 山中湖を走り、泳ぐ。絶景の富士山を 五感で満喫する水陸両用バス。|暮らし|ライフスタイル&グルメ紹介|富士山・山中湖の別荘ならフジヤマスタイル

バックナンバーへ

ひと目で印象に刻まれるユニークな車体。 山中湖を湖面と湖畔の両方から 味わいつくせる、画期的なバス。

山中湖の湖畔道路を走るバスのような、船のような、見た目もユニークな白と青の車体をごらんになったことのある方も多いと思います。
昨年より運行を開始した山中湖を陸上と湖面の両方から味わい尽くせる水陸両用のバス、その名も「山中湖のKABA」です。今回お話をうかがったのは、山中湖のKABAでガイドを務める里見菜央さん。
里見さんは観光バスガイドとして3年のキャリアを経て、山中湖のKABA運行開始と同時に専任ガイドとして着任されています。
「山中湖のKABAは夏期で毎日12~13便、冬期で6~8便ほどが運行され、現在総勢4名のガイドで皆さまをご案内させていただいています。一般的な観光バスとはちょっと違い、アトラクションとしてのバスでもありますので、皆さまに車中のひとときを存分に楽しんでいただけるようにガイドすることを心がけています。」
バスの出発点は旭日丘バスターミナル。出発するとしばらくは陸上ルートを行き、湖畔の森林の中を走ります。里見さんたちガイドさんが思い思いに工夫を凝らした話術をめぐらせ、富士山や山中湖についてのクイズやちょっとした寸劇などで車中を沸かせていくと、いよいよKABAバスの見どころ。湖岸から湖面への入水です。
「入水の時はやはり車内は歓声でいっぱいになりますね。山中湖以外ではめったにできない貴重な体験ですからね」。
夏期はもちろん、秋冬でも人気の衰えないこのKABA。人気があるのは嬉しいのですが、キャンセル待ちのお客さまがいらっしゃると、自由にお席を融通差し上げることができないのがちょっと心苦しいですね、と里見さん。お客さまは年齢層も幅広く、海外からの観光客も多いとか。お客さまの個性によって、車内が遊園地のようになったり、デートコースになったりと、決して同じ雰囲気にはならないのが楽しいと仰います。
「KABAは、お客さまと一緒に楽しいひとときを創り上げる感覚がありますから、私にとってはそれが一番の魅力です」。30分ほどのツアーを終え、笑顔いっぱいのお客様をると、やりがいを感じるという里見さん。中でもお子さまの「楽しかった!」という声には感激されるそうです。
「皆さまは、山中湖とクジラの関係ってご存じでしょうか? もしご興味がありましたら、ぜひKABAにご乗車くださいね」。 富士の麓の山中湖を、陸と湖面からまるごと体感できる山中湖のKABA。皆さまもぜひ一度、ご体験ください。

富士山エリアの魅力と情報を、世界へ発信! フジヤマNAVI

富士山の世界遺産登録に向けて、富士山の多彩な魅力を発信する情報サイト!フジヤマNAVI

フジヤマNAVI HPはこちらから!
http://www.fujiyama-navi.jp

公式facebookはこちら!
https://www.facebook.com/fujiyamanavi

水陸両用バス「山中湖のKABA」

■山中湖旭日丘バスターミナル「森の駅」発

乗車料金/大人(中学生以上) 2,000円
小人(4歳~小学生)1,000円 幼児(3歳以下)300円
※幼児のお子様は、座席の確保はできません。

■お問い合わせ・ご予約

TEL.0555-73-8181
(営業時間7:30~20:00/ご予約はご乗車1ヶ月前から受付)

bus.fujikyu.co.jp/kaba/suiriku/

バックナンバーへ

pagetop

お電話でのご相談はこちら 0120-232-236

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

閉じる