Vol.17 犬と一緒に、もっと幸せに暮らしたい。|暮らし|ライフスタイル&グルメ紹介|富士山・山中湖の別荘ならフジヤマスタイル

MENU

資料請求/お問い合わせ/現地見学|富士山の別荘ならフジヤマスタイル

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

HOME > ライフスタイル&グルメ紹介 > 暮らし|Vol.17 犬と一緒に、もっと幸せに暮らしたい。

Vol.17 犬と一緒に、もっと幸せに暮らしたい。|暮らし|ライフスタイル&グルメ紹介|富士山・山中湖の別荘ならフジヤマスタイル

バックナンバーへ

ご家族そろって、毎週末を山中湖で過ごす。中村さんのくつろぎのスタイル。

東京にお住まいを持ち、ウィークデイのお仕事を終えると、毎週末は山中湖に滞在。奥様と愛犬「かんたろうくん」と一緒にくつろいだ時間を過ごしていらっしゃる中村さんに、そのライフスタイルについてお話を伺いました。

「私にとっての別荘の楽しさは、趣味やホビーとよく似ています。別荘をプラモデルやオモチャのように感じていますからね」。

東京では奥様が中心となる家事も別荘では中村さんのご担当。何かと大変な掃除も料理も、別荘ではそれ自体がひとつの楽しみになる、と中村さん。

「例えばカレーを作るにしても、ふだんは使わないハーブを使ってちょっと凝ったものを作ってみよう、とかね。毎日家事をしている家内の苦労も少しはわかって、夫婦のコミュニケーション向上にも役立ちますし(笑)」。

中村さんは、お母様が生前可愛がっていた愛犬を託されたことを機に、「この犬を世界で一番幸せな犬にしてあげたい」との想いを叶え、19歳の愛犬と一緒に日本一周を成し遂げた情熱家。さらに、足の弱くなった愛犬用に開発・制作したオリジナルの専用カートの素晴らしさが愛犬家の間で評判となり、ついに「マザーカートの販売とペット専門旅行会社を開始した」という有言実行の愛犬家です。

「ペットがいるから自由度がない」という言葉を、世の中からなくしてしまいたい。

犬を飼っている友人や知人たちと話していると、「旅行に行きたいけどこの子たちの世話があるから」とか「犬がいるとなかなか自由に動けなくて」という言葉を良く聞くそうです。中村さんはしかし「楽しく生きるために愛犬と一緒に暮らしているのに、それが足かせになるのはおかしい」と言います。世の中から「この子がいるから」という言葉を一切払拭したい。そんな想いを叶えるために、中村さんは今、犬と一緒に出かけられる旅行をテーマに、ツアーを構築されています。また旅行にとどまらず、ペット仕様のクルマを世界的な自動車メーカーと共同開発したり、ペットとの生活に最適化した家具をプランしたりと、様々な企業とのコラボによる多角的な活動も精力的に展開されています。

現実の半歩や1 歩先ではなく、思い切ったことを実現したい、という中村さん。「ペット仕様のクルマも、自分が欲しいから働きかけたんです。何よりも「自分が欲しい!」という思いから始まっていますからね。たぶん言葉にも説得力があったんじゃないでしょうか(笑)」。

山中湖で過ごす時間が、自分の情熱を維持させてくれる。

「毎週末山中湖で過ごしていると、だんだんここが自分の庭のような気になってきちゃうんですよ(笑)」。と中村さん。「早朝に湖畔を散歩したりしていると、いつも顔を合わせる人と自然に挨拶をするようになって。そうなるとお互いの犬のことや山中湖での暮らし方、仕事のことなど、話がどんどん広がっていって、すぐに今日一緒にバーベキューしませんか?というような関係になっちゃうんです。山中湖でお互いに同じような過ごし方をしていますし、利害関係もありませんから、簡単に新しい友達になれるんです。大人になると、少年時代のような純粋な友達ってなかなかできませんから、山中湖で生まれる人の輪には感謝しているんです。

新たなビジネスの創出と実践。つねに精力的に多忙な日々を送られている中村さんにとって、山中湖ですごす週末は、エネルギーを充填する貴重な時間なのだと言います。

「山中湖にいる時は、携帯も見ませんし時計も外してしまいます。完全に「ただ裸の自分」になってしまうんです。東京ではつねに人に取り囲まれていますし、家に帰っても無意識のうちに周囲を気遣って暮らしていますよね。結局、東京ではすっきりと「自分」に帰る時間は得られないんですが、山中湖で過ごす時間が、そんな精神的な疲れを完全にリセットしてくれるんです」。

早朝。静寂の中に響く小鳥の声で目覚め、まだ静かな湖畔を愛犬とともに散策。日中は別荘でくつろぎながらの家事や日曜大工、ご趣味の釣りを楽しんだり、時には書斎に籠もって企画書づくりに没頭することもあるのだそう。

山中湖でもお仕事をされるんですか?とお聞きすると、東京のオフィスにいる時とは集中度も捗り方も段違いの上、自分のペースで自由に進められるので、それはそれで中村さんにとっては貴重な時間のひとつなのだそう。

「実は今、別荘にウッドデッキを作りたいなと思っているんですよ」。と笑う中村さん。山中湖での別荘ライフが、今後ますます充実したものになりそうです。

犬と一緒に、もっと幸せに暮らしたい。

犬と一緒に、もっと幸せに暮らしたい。

安田賢さん

株式会社フェリーチェ代表取締役社長 中村貴徳さん

10年前お母様から託された犬と一緒に日本一周旅行を達成。その過程で犬と暮らす上でのさまざまな不自由さを痛感。
自作した愛犬用のカートが犬を愛する人の間で評判となり、ペット用カート、マザーカートの製造販売を開始。以降、多方面にわたり、犬と一緒に生きるための環境づくりを推進している。

株式会社フェリーチェ

東京都台東区千束4-2-7 TEL.03-5603-8030

■ペット専門旅行会社・TRAVEL WITH DOG
 www.travelwithdog.com
■ペット用カート・Mothercart
 www.mothercart.com

バックナンバーへ

pagetop

お電話でのご相談はこちら 0120-232-236

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

閉じる