Vol.5 風を切り、宙に舞う!山中湖で体感する、ウェイクボードの魅力|人々|ライフスタイル&グルメ紹介|富士山・山中湖の別荘ならフジヤマスタイル

MENU

資料請求/お問い合わせ/現地見学|富士山の別荘ならフジヤマスタイル

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

HOME > ライフスタイル&グルメ紹介 > 人々|Vol.5 風を切り、宙に舞う!山中湖で体感する、ウェイクボードの魅力

Vol.5 風を切り、宙に舞う!山中湖で体感する、ウェイクボードの魅力|人々|ライフスタイル&グルメ紹介|富士山・山中湖の別荘ならフジヤマスタイル

バックナンバーへ

「ハクタカマリン」は、山中湖で最も長い歴史を持つマリンスポーツクラブ。代表を務める高村さんに、ウェイクボードの魅力や今、夢中で取り組んでいることなどをお聞きしました。

後進の育成に情熱を傾ける、ウェイクボードの第一人者

ウェイクボードの一番の魅力は、水上を滑る爽快感。経験者にしか分からないこの感覚は、ぜひ一度は味わってみたいものです。そして、水上を滑りながら眺める富士山は格別だと言います。「ハクタカマリン」は、自然と人との調和、人と人とのコミュニケーションを大切にするマリンスポーツクラブ。ここでは、訪れた人に心からウェイクボードを楽しんでもらえる環境作りに励んでいます。

代表である高村さんがウェイクボードに出会ったのは80年代のハワイでのこと。プレイしたその日からウェイクボードの虜になったそうです。「ハクタカマリン」設立後は、現役中学生のプロウェイクボーダーを育成するなど、これまでに数々のプロ選手を輩出。指導力には定評があります。

ウェイクボードの魅力もさることながら、彼の人柄や指導力に惹かれてやってくる人は後を絶ちません。今後、小学生や中学生のプレイヤーを増やすことで、日本でのウェイクボード熱を盛り上げていきたいと考える高村さん。ウェイクボードは専用の板やビンディングが必要になり、ボートを走らさなければできません。一見、敷居の高いスポーツですが、小中学生向けに1,000円の体験プログラムを実施するなど、「気軽にできるスポーツ」であることを知ってもらうための取り組みを積極的に行っています。

「ハクタカマリン」という名のコミュニティ

ハクタカマリン」では、プロボーダーとの交流が多いため、プロの技を間近に見ることができるほか、毎年夏には、山中湖周辺のスクールと合同でイベントを開催。フリーマーケットやお祭り、花火大会など、みんなが集まって楽しむ工夫を常に考えています。ウェイクボードを通じた交友関係の輪が広がることで、次に参加する時の楽しみも倍増します。そして、それはここに集う人々にとって、ウェイクボードをより楽しむための重要な要素なのです。

山中湖を誰よりも愛し、ウェイクボードを誰よりも楽しんでいる高村さん。そんな彼がいるからこそ「ハクタカマリン」には、これからもたくさんの人たちが集まってくるでしょう。

地上での練習には、トランポリンを使用。基本的なジャンプから回転まで取り入れたダイナミックな技まで、水上での感覚を身に付けます。

地上での練習には、トランポリンを使用。基本的なジャンプから回転まで取り入れたダイナミックな技まで、水上での感覚を身に付けます。

丁寧で的確な指導が「ハクタカマリン」の人気の秘密。一人ひとりの癖を見抜き、その人にあった方法で指導してくれます。

丁寧で的確な指導が「ハクタカマリン」の人気の秘密。一人ひとりの癖を見抜き、その人にあった方法で指導してくれます。

マリンスポーツクラブ「ハクタカマリン」

ウェイクボードを山中湖にもたらした業界の第一人者・高村さんが運営する「ハクタカマリン」。「1人でウェークボードは不安…。でもマリンスポーツを体験したい」という方にも気軽に楽しんでいただくために、バナナボートやチューイングなどのプログラムも行っています。さらに、特殊小型船舶の免許を持っていればボートのレンタルも可能。

マリンスポーツクラブ「ハクタカマリン」

マリンスポーツクラブ「ハクタカマリン」

バックナンバーへ

pagetop

お電話でのご相談はこちら 0120-232-236

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

閉じる