富士山世界文化遺産の構成資産紹介「船津胎内樹形」|お知らせ|富士山・山中湖の別荘ならフジヤマスタイル

MENU

資料請求/お問い合わせ/現地見学|富士山の別荘ならフジヤマスタイル

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

HOME > お知らせ > 富士山世界文化遺産の構成資産紹介「船津胎内樹形」

富士山世界文化遺産の構成資産紹介「船津胎内樹形」

NEW

富士山世界文化遺産の構成資産紹介「船津胎内樹形」

1617年に長谷川角行が富士登拝した際、北麓に洞穴(船津胎内樹型指定範囲内に点在する小規模な溶岩樹型のひとつと考えられる)を発見 し、浅間大神を祀りました。

富士講信者によって、1673年には現在の船津胎内樹型が発見され、1892年には新たな「御胎内(おたいない)」として吉田 胎内樹型が整備されました。

洞内には木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)が祀られています。

Posted by

お知らせ

別荘をお探しの方へ、まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談はこちら 0120-232-236 受付時間9:00~18:00

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

  • バス別荘見学会
  • ヘリで行く別荘見学会
  • 秋の別荘キャンペーン
  • 十里木高原別荘地
pagetop

お電話でのご相談はこちら 0120-232-236

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

閉じる