【コーヒー】冬の別荘で、「自分だけの一杯」という満足|フジヤマクロスロード

MENU

資料請求/お問い合わせ/現地見学|富士山の別荘ならフジヤマスタイル

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

上質な時間の過ごし方が、ここに フジヤマクロスロード

上質な時間の過ごし方が、ここに フジヤマクロスロード

TOP > フジヤマクロスロード > 山中湖・富士山で趣味を極める > 【コーヒー】冬の別荘で、「自分だけの一杯」という満足

山中湖・富士山で趣味を極める2018 / 01 / 11

【コーヒー】冬の別荘で、「自分だけの一杯」という満足

鼻をくすぐる香ばしい豆の香りや、口に含んだ瞬間に広がる深みと苦み――。コーヒーには、多くの人を惹き付けてやまない魅力があります。「熱々のコーヒーを飲む瞬間が幸せ」「コーヒーを飲むと仕事モードのスイッチが入る」「家事や育児の合間に飲むコーヒーでリラックスしている」「読書タイムにコーヒーは不可欠」といった方も多いのではないでしょうか。

しかし、一口にコーヒーと言ってもその楽しみ方はさまざま。コーヒー豆はもちろん、レシピやコーヒーメーカーに至るまでこだわりたくなるポイントは多く、非常に奥が深い存在です。今回は、富士山麓の冬の別荘で飲みたくなるコーヒーにフォーカス。アレンジレシピや上質を追求するためのこだわりポイントをご紹介していきます。

以前ご紹介したコラム「美味しいコーヒーで違いが作れる経営者を目指す」も合わせてご覧ください。

「通」を語るなら覚えておきたい基本アレンジレシピ

こだわりを持てば持つほど広がるコーヒーの楽しみ方。「無限の楽しみ方」の中から、自分好みのこだわりの一杯を追求するという趣味は、さながら「研究」のようです。以下では、「コーヒー通」を語るなら覚えておきたいベーシックなアレンジレシピをご紹介します。ここから自分ならではのアレンジを楽しんでみるのも良いでしょう。

Recipe1:ハニーミルクコーヒー

コーヒーに砂糖やガムシロップというのが一般的な組み合わせだと思いますが、コーヒーに「はちみつ」を入れる方も多くいます。ベースになっているのはスペインやスペイン語圏の南米諸国で親しまれている「カフェ・コン・レーチェ」という飲み物。はちみつを入れることで砂糖とは違った甘さを楽しめます。

【材料】

  • やや濃いめに抽出したコーヒー(エスプレッソ)
  • ホットミルク
  • はちみつ

作り方は非常にシンプルで、少し濃いめのコーヒーにホットミルクとはちみつを入れてかき混ぜるだけ。はちみつだけではコーヒーとのマッチングがあまり良くないことがあるため、ホットミルクで味を調えます。ハニーミルクコーヒーに、すりおろしたしょうがもしくはジンジャーパウダーを加えるのも良いでしょう。

Recipe2:カフェ・ロワイヤル

カフェ・ロワイヤルは、かつてナポレオンが好んで飲んでいたとも言われているアレンジカクテルです。カフェ・ロワイヤルの最大の特徴は、何といってもブランデーを染み込ませた角砂糖を燃やす演出。青く燃える炎と広がるブランデーの香りは、周囲を驚かせるとともに優雅なひと時を演出してくれるでしょう。

【材料】

  • コーヒー
  • 角砂糖
  • ブランデー

コーヒーをカップに注ぎ、スプーンに角砂糖を載せます。その角砂糖にブランデーを染み込ませ、火を付けて少し砂糖が解けたらコーヒーに入れてかき混ぜます。カフェ・ロワイヤル以外にも、オレンジリキュールを使用した「カフェ・マリアテレジア」、赤ワインを混ぜた「カフェ・ブルゴーニュ」、アイリッシュウイスキーを使った「アイリッシュ・コーヒー」など、お酒を使ったレシピは数多くあります。一味違った少し大人なコーヒータイムを楽しみたい方は、ぜひ試してみてください。

Recipe3:シナモンアップルパイ・ラテ

「苦いのは苦手」という方もいるでしょう。時には甘いコーヒーが欲しくなるかもしれません。そうした時には、デザート感覚で飲めるコーヒーレシピがおすすめです。シナモンアップルパイ・ラテはその名の通り、アップルパイをイメージしたアレンジレシピ。リンゴの甘酸っぱさとシナモンの香りを楽しむことができます。

【材料】

  • 濃いめに抽出したコーヒー(エスプレッソ)
  • ホットミルク
  • リンゴジャム
  • コンデンスミルク
  • シナモンパウダー

リンゴジャムとコンデンスミルクをしっかりと混ぜ合わせてから、ホットミルクへ入れてしっかりと溶かします。濃いめに抽出したコーヒーと混ぜ合わせたホットミルクを同量程度混ぜ入れ、仕上げにシナモンパウダーを振ります。

イチゴの甘酸っぱさが楽しめる「ストロベリーカフェ」、バラの香りが優雅な「ローズ・オブ・シマロン」、オレンジ・チョコレート・コーヒーの三重奏が特徴の「カフェ・ファンタジア」など、デザート感覚の甘いコーヒーレシピにもバリエーションがあります。女性やお子様に作ってあげるのも良いかもしれません。

とことんこだわるなら、超高級コーヒーメーカー

エレッタ カプチーノ トップ(デロンギ)

イタリアの電気機器メーカーであるデロンギ(De'Longhi)が発売している全自動コーヒーマシンの中でも、最高峰と言われるのが「エレッタ カプチーノ トップ」(参考価格:198,000円)です。

エレッタは豆を挽く際に香りを逃がさない「コーン式グラインダー」を搭載しており、挽き目の細かさも7段階で調整可能。風味を損なわない88~96℃になるよう湯温も細かく管理され、少ない手間で最高のコーヒーを淹れられるように設計されています。見た目もスタイリッシュ。シンプルで操作性も高く、味をカスタマイズすることもできます。

E6(ユーラ)

ユーラ(JURA)は、全自動エスプレッソ・コーヒーマシンのパイオニアとも言われるスイスの老舗ブランド。そんなユーラがバリスタ品質を実現する全自動コーヒーマシンの最高峰と位置付けているのが「E6」(参考価格:182,400円)です。

ユーラ独自のパルス抽出プロセスP.E.Pによって、エスプレッソなどのショートサイズのコーヒーも最高の風味を余すことなく落とし込めます。さらに、使用する水の状態を徹底管理してくれるインテリジェントウォーターシステムも特徴。人間工学を取り入れた操作性で、「自分好みのコーヒー」の実現をサポートしてくれます。

カフェロイド(日本電熱)

サーキュレーションヒーターや半導体熱板などの産業機器を扱う日本電熱が2017年9月19日に発表した全自動コーヒーマシンが、「CAFEROID(カフェロイド)」(参考価格:388,800円)です。豆の焙煎からドリップまで全工程が可視化され、自分の目で豆の焙煎や粉砕などを見られるため、「五感で楽しむコーヒーメーカー」と言えます。

焙煎は250℃、湯温は93℃まで1℃間隔で設定可能。18種類のレシピが登録されており、自分好みのコーヒーを最大限に追求できるでしょう。独自で開発された回転ドリッパーと2つの給湯ノズルによって、プロのハンドドリップ技術を完全自動化。コーノ式フィルターの標準採用によって、コーノ式に適応した抽出が再現されています。

寒い季節には熱いコーヒーで優雅なひと時を

コーヒー豆やコーヒーメーカー、そしてアレンジレシピなど、「趣味としてのコーヒー」は奥が深く、こだわりを持てばその楽しみ方は無限大に広がります。こだわりを重ねて淹れたコーヒーは味もさることながら、あなたにより豊かな時間をもたらしてくれるでしょう。冬の山中湖畔、富士山麓の別荘で飲む熱々のコーヒーは、やはり格別です。

大自然の中で澄み切った空気と寒さを感じながら、こだわりにこだわりを重ねた「自分だけの至高の一杯」を楽しんでみてはいかがでしょうか。冬だからこそ味わえる、より一層の素晴らしい別荘ライフが待っています。

pagetop
  • 受付時間 9:00~18:00 0120-232-236

    別荘に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。携帯もOK。

    メールでのお問い合わせ

  • 次の休日に見学に行こう。

    お時間に余裕がある方は是非一度現地までお越しください。

    現地見学のお申し込み

  • 資料請求はこちらから。

    興味のある別荘を見つけたら、無料でカタログをお送りします。

    資料請求

お電話でのご相談はこちら 0120-232-236

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

閉じる