【電車】単なる移動手段ではない!夏休みは富士山麓で「電車旅」を楽しむ|フジヤマクロスロード

MENU

資料請求/お問い合わせ/現地見学|富士山の別荘ならフジヤマスタイル

富士急行

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

上質な時間の過ごし方が、ここに フジヤマクロスロード

上質な時間の過ごし方が、ここに フジヤマクロスロード

TOP > フジヤマクロスロード > 山中湖・富士山で趣味を極める > 【電車】単なる移動手段ではない!夏休みは富士山麓で「電車旅」を楽しむ

山中湖・富士山で趣味を極める

【電車】単なる移動手段ではない!夏休みは富士山麓で「電車旅」を楽しむ

交通手段として多くの人を助けている電車。しかし最近では、単なる「移動手段」ではなく、「レジャー」としての側面も大いに注目されています。富士山麓には、レジャーとしての面を持った「思わず乗ってみたくなる電車」がたくさんあります。今回のフジヤマクロスロードでは、大人も子どもも非日常の風景や体験を味わえる富士急行の電車についてご紹介します。

レトロモダンな内装が魅力~富士登山電車~

平成21年に運行が開始された観光列車「富士登山電車」。「ななつ星」や「THE ROYAL EXPRESS」などを手掛けたインダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治氏がデザインをしています。車両は「赤富士車両」と「青富士車両」の2両編成。レトロモダンを基調としつつもそれぞれ違ったテイストの佇まいとなっており、思わず車内を見て回りたくなることでしょう。独特なさび朱色をベースとした外観は開業当時の車両「モ1号」を意識したもので、鉄道撮影を楽しむ"撮り鉄"にも人気です。

富士登山電車にはアテンダントが乗務しており、絶景スポットなどでは車内放送を楽しむことができます。車内でオリジナルグッズを手にすれば、観光列車らしさを味わうこともできるでしょう。

富士登山電車は大月駅~河口湖駅間を平日は1.5往復、土休日は2往復しています。事前にホームページなどで時刻表をチェックしておきましょう。乗車するには、乗車券とは別に200円の着席券が必要です。富士急行線のホームページから予約することも可能なので、大人数で訪れる場合には事前の予約をおすすめします。

富士登山鉄道

URL: http://www.fujikyu-railway.jp/train/fujitozandensha.php

特別車両でパティシエのスイーツを~富士山ビュー特急~

平成26年に富士急行創立90周年を記念して運行が開始された「富士山ビュー特急」。こちらも水戸岡鋭治氏によるデザインです。車両は全部で3両編成。1号車が指定席、2・3号車が自由席となっています。

富士山ビュー特急の特徴は、なんと言っても週末限定で特定の車両に「スイーツプラン」が用意されていること。スイーツプランは1号車でのみ提供され、カフェのような内装が施された車内で車窓の風景と絶品スイーツを同時に楽しめます。用意されるスイーツは、「ハイランドリゾートホテル&スパ」のパティシエが手掛けた逸品。メニューはシーズンごとに変わり、その時期に提供されているメニューは富士山ビュー特急のホームページでも確認することができます。

富士山ビュー特急は大月駅~河口湖駅間を平日2往復、土休日3往復の運行となっています。料金は以下の通りです。スイーツプランは乗車日の3日前までに予約が必要なので注意しましょう。通常列車の特別車両券は、空席があった場合には当日でも窓口で購入できますが、確実に乗りたいなら事前に予約をしておくと安心です。

1号車(特別車両) 2号車・3号車
通常列車 乗車券+特急料金(400円)+特別車両料金(900円) 運賃+特急料金(400円)
スイーツプラン 大人4,000円
小人3,000円
運賃+特急料金(400円)

富士山ビュー特急

URL: http://www.fujikyu-railway.jp/fujisan-view-express/

子どもも嬉しい2つの車両

トーマスランド20周年記念号

1990年に日本で放送が開始されて以来、今なお子どもたちに絶大な人気を誇る「きかんしゃトーマス」。そのトーマスのミニテーマパーク「トーマスランド」が富士急ハイランド内にあり、2018年3月21日にオープンから20周年を迎えました。それを記念して運行を開始したのがトーマスランド20周年記念号です。車体はもちろん、車内にもトーマスや仲間たちがあしらわれた電車にはきっとお子さんも喜んでくれることでしょう。20周年記念号の登場によって、トーマスのラッピング電車は今までに運行していたトーマスランド号と合わせて2台となりました。

トーマスランド20周年記念号

URL: http://www.fujikyu-railway.jp/train/thomas.php

フジサン特急

2014年に運行が開始された「フジサン特急」で目を引くのが、車体に描かれたさまざまな富士山のキャラクターです。これらはフジサン特急キャラクター選挙によって選ばれたもので、全部で58ものバリエーションが描かれています。周りのキャラクターたちを見て、親子でお気に入りのキャラクターを探してみるのも楽しいかもしれません。

1号車は展望車両となっており、運転席の後ろはガラス張りのパノラマビュー。そのため、運転しているところはもちろん、運転手の視線で臨場感あふれる富士山を見ることができます。ただし、1号車は指定席、2号車・3号車は自由席なので、1号車に乗りたい場合は事前に予約をしておくと良いでしょう。

フジサン特急

URL: http://www.fujikyu-railway.jp/train/fujisan_express.php

「行くために乗る」ではなく「乗るために行く」

鉄道や電車は単なる移動手段としてだけでなく、記憶や思い出に残る旅を演出する場所として価値を高めています。聞こえてくる音や移ろいゆく車窓、趣向を凝らしたデザイン・内装、車内でいただくご当地の駅弁、移動した先にある名物など、富士山麓では五感すべてで鉄道旅を満喫することができるでしょう。

このようなさまざまな感覚を刺激することは、子どもの成長にも良い影響を与えてくれるはずです。日常の中では見過ごしてしまうかもしれない鉄道の魅力や楽しみ方を、秋のレジャーとして味わってみてはいかがでしょうか。

pagetop
  • 受付時間 9:00~18:00 0120-232-236

    別荘に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。携帯もOK。

    メールでのお問い合わせ

  • 次の休日に見学に行こう。

    お時間に余裕がある方は是非一度現地までお越しください。

    現地見学のお申し込み

  • 資料請求はこちらから。

    興味のある別荘を見つけたら、無料でカタログをお送りします。

    資料請求

お電話でのご相談はこちら 0120-232-236

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

閉じる