猫がストレスなく暮らせる別荘リフォーム|フジヤマクロスロード

MENU

資料請求/お問い合わせ/現地見学|富士山の別荘ならフジヤマスタイル

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

上質な時間の過ごし方が、ここに フジヤマクロスロード

上質な時間の過ごし方が、ここに フジヤマクロスロード

TOP > フジヤマクロスロード > 40代・50代のためのセカンドライフ > 猫がストレスなく暮らせる別荘リフォーム

40代・50代のためのセカンドライフ2016 / 04 / 21

猫がストレスなく暮らせる別荘リフォーム

エレガントなタビー模様が特徴のアメリカンショートヘア、ダックスフントのような短い脚が愛らしいマンチカン、丸顔と折れ曲がった耳がキュートなスコティッシュフォールド、青味がかった豪華な被毛に風格を感じるシャルトリュー、ふさふさした毛並みで温和な性格のペルシャ(チンチラ)。さらには人気のノルウェージャン、メインクーン、ラグドールなど、近年ではさまざまな品種の猫(ネコ)が買えるようになっており、それに合わせて愛猫家の方も増えています。

現在、日本は空前の猫ブーム。40代後半や50代に差しかかって子供が手離れ・独立し、一緒に暮らす猫を飼い始めた(あるいは現在探している)というご夫婦も多いのではないでしょうか。今回の「フジヤマクロスロード」では、そんな愛する猫のためのペットリフォームについてご紹介します。

猫の習性から快適な場所を考える

行動範囲が広い

もともと狩猟動物である猫は、室内を歩いたり走ったりを繰り返す習性があります。猫を退屈させないようにするには一般的に1匹に対して2部屋以上が望ましいとされており、それ以下だとストレスが溜まりやすいと言われています。猫のことを考えるなら、常に室内をうろうろと回遊できるよう、ドアなどを設けない設計が理想的です。

居心地が良ければよく眠る

「猫は1日14時間寝る」と言われるほどよく眠る動物です。そのため、猫がゆっくり眠れる環境を用意してあげることが欠かせません。猫が居心地の良さを感じるのは、静かな場所、風通しの良い場所、適度に狭い場所、そして夏は涼しく冬は暖かい場所。この条件に適した"パーソナルスペース"を作ってあげるようにしましょう。

高所を好む

猫は高いところが大好きです。諸説ありますが、地面近くの草むらにいるノミやダニなどを避けるため、安全であり身の周りに潜む危険を察知しやすいため、登ったり降りたりという瞬発力を使った運動を好むため、といったことが理由と考えられています。高いところをどう活用するかが、猫リフォームのポイントです。

猫に合った別荘リフォームを考える

都心の住まいでは難しくても、別荘やセカンドハウスならば猫に合ったペットリフォームが可能かもしれません。愛する猫ちゃんが楽しく、快適に、安心してすごせる別荘を実現しましょう。

猫のための工夫1:猫用ドアの設置

「室内をうろうろと回遊できるような設計が理想的」とお話ししましたが、既存のドアの下部に猫用ドア(くぐり戸)を設置すれば問題が解消するかもしれません。ドアがフラップ式なら、はさまれる心配もありませんし、冬の冷気侵入防止にも役立ちます。猫の冒険心を掻き立てる効果も期待できるので、ストレス発散にもつながるでしょう。

猫のための工夫2:ウォールアスレチックの設置

猫にとって別荘は巨大なアスレチック。市販のキャットタワーだけでは少しもったいないと言えます。壁に猫が乗っても平気な造作家具を階段状に設置したり、カーテンレールを補強してキャットウォークにしたり、体型に合わせたハンモックや吊り橋をかけたり、吹き抜けに猫専用のらせん階段を設置したり。いつもの生活拠点とは異なる工夫を凝らした空間は、運動不足の解消にも効果的です。

猫のための工夫3:爪とぎによる壁などの保護

猫は自分のにおいがない新しい環境に行った時などに、においを残すために爪とぎをすると言われています。場所を選ばずに爪とぎをされると柱や壁がすぐに傷んでしまうため、爪とぎから別荘を守る工夫も重要です。網戸はステンレス網タイプを選ぶ、カーテンはロールスクリーンやブラインドに替える、トイレ周辺に爪とぎされても破れない壁材を貼る、といったリフォームで、飼い主のみなさんにとっても快適な室内を維持しやすくなります。

猫のための工夫4:危険なエリアから身を守る安全対策

猫を自由に遊ばせるなら、危険な場所へ入れさせない工夫も必要になります。転落の危険がある高所や火器があるキッチンにはペットゲートを。室内から脱出して不慮の事故に合う――といったことがないよう、ラティスやフェンスの設置を考えるのも飼い主様の義務と言えます。

猫をマイカーで連れていく際のポイント

猫は警戒心が強く、犬に比べて外に連れて行きにくい動物です。マイカーで別荘などに連れていく場合は、以下のことを意識してみてください。

  • 猫は熱中症になりやすいので、閉めきった車中に残すことは厳禁です。真夏のドライブでは体を冷やすようにしてあげましょう。
  • 迷子になってしまわないよう、念のためにハーネスとリードは付けておくようにしましょう。
  • 警戒心は慣れによって薄まります。日頃から自動車に乗せて、車特有の揺れやエンジン音に慣れさせてあげましょう。
  • 急発進や急停車は猫にとっても負担です。ストレスを与えないよう、いつも以上に安全運転を心がけましょう。
  • 空腹になると車酔いしてしまう猫もいます。コンディションを見てご飯のタイミングを調整しましょう。

富士山の眺望が美しい山中湖畔には、趣向・工夫を凝らした別荘が多くあります。一度家族旅行に連れていったお子さんたちが「また行きたい!」と言うように、猫も楽しい別荘なら何度も行きたいと思ってくれるでしょう。新たに猫を飼われた方も、現在所有している別荘のリフォームをお考えの方も、猫がストレスなく暮らせる別荘づくりを検討してみてはいかがでしょうか?

pagetop
  • 受付時間 9:00~18:00 0120-232-236

    別荘に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。携帯もOK。

    メールでのお問い合わせ

  • 次の休日に見学に行こう。

    お時間に余裕がある方は是非一度現地までお越しください。

    現地見学のお申し込み

  • 資料請求はこちらから。

    興味のある別荘を見つけたら、無料でカタログをお送りします。

    資料請求

お電話でのご相談はこちら 0120-232-236

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

閉じる