【アウトドア】キャンプの醍醐味を味わうなら冬?|フジヤマクロスロード

MENU

資料請求/お問い合わせ/現地見学|富士山の別荘ならフジヤマスタイル

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

上質な時間の過ごし方が、ここに フジヤマクロスロード

上質な時間の過ごし方が、ここに フジヤマクロスロード

TOP > フジヤマクロスロード > 山中湖・富士山で趣味を極める > 【アウトドア】キャンプの醍醐味を味わうなら冬?

山中湖・富士山で趣味を極める2016 / 12 / 15

【アウトドア】キャンプの醍醐味を味わうなら冬?

「キャンプといえば夏」というイメージが一般的かもしれませんが、「キャンプが一番楽しいシーズンは冬」という愛好家も実は少なくありません。冬キャンプには冬キャンプならではの醍醐味があり、勘所さえ押さえれば、ライトな愛好家にとっても楽しめるのが冬キャンプです。

山中湖や富士山麓で大人のライフスタイルや趣味、上質な時間の過ごし方について考える「フジヤマクロスロード」、今回は知られざる冬キャンプの魅力とその対策についてご紹介します。

冬キャンプならではの魅力

キャンプ場がすいている

夏のキャンプ場は人が多く、他の利用客に気を遣う必要があります。マナーの悪い利用者とのトラブルが起きる確率も高く、落ち着いたキャンプはなかなかしにくい環境かもしれません。一方、冬はキャンプ場がすいていて、非常に静かな環境でアウトドアライフを満喫できます。夏とはまるっきり異なる大自然の表情を楽しめるのも魅力です。

空気が澄み渡っている

大自然の空気はもともときれいですが、冬場は空気がさらに澄み渡ります。肌に刺さるような冷たい空気を吸うと、体の中から浄化されるような感覚を味わうことができ、吐く息の白さで自然と自分の「生」を実感できます。「星降る夜」は都会のそれより何十倍もクリアで美しく、一つひとつの星々がくっきりと輝いて見える世界は神秘的です。

温かい料理の楽しみ

冬キャンプにおいて、スープや鍋、豚汁など、体を温めてくれる料理のおいしさは言葉では言い表せないほど。体の内側から温かさが広がり、料理のありがたさで胸がいっぱいになります。夏キャンプでおなじみのバーベキューでは「誰かが何らかの作業をしている」という状況になりがちですが、冬キャンプの料理は全員が揃って食べられるというメリットもあります。

ハエや蚊などがいない

夏のアウトドアが苦手な方にとって、意外と重要なポイントなのが「虫」です。夏と違って冬のキャンプ場にはハエや蚊などの虫がほとんどいないため、快適にキャンプを楽しむことができます。これが理由で冬キャンプに挑戦したのをきっかけに、それ以来冬キャンプの虜となった女性キャンパーも世界各地にいます。

温泉の楽しみが増す

やはり、冬のキャンプは体が冷えます。そこで、ご家族やご友人と一緒に楽しんでいただきたいのが温泉です。冷えてしまった体を湯船に沈める瞬間は、まさに至福の一言。「この瞬間のために生きてきた」と言いたくなるような、極上の温泉体験が味わえます。山梨県では各地に温泉が点在しており、冬キャンプに彩りを与えてくれるでしょう。

押さえておきたい冬キャンプ対策

防寒具選び

太陽が出ている日中はそれなりに暖かくなりますが、夜になると一転して冷え込むため、寒暖差への対策が重要になります。気温の変化に合わせて下着やシャツを重ね着し、「暑ければ1枚脱ぐ」「寒ければ1枚増やす」と調整できるように準備しておきましょう。手袋やマフラー、帽子、耳当て、カイロなど、装着・脱着がしやすいアイテムが欠かせません。

テント選び

結露や一酸化炭素中毒を防止するためのベンチレーター(通気口)があり、防寒対策にダブルウォール構造になっているテントが冬キャンプには適しています。寝室とリビングを分けて使えるツールームテントもおすすめです。

寝具選び

夜は特に冷え込むため、温かく眠りにつくためには寝具選びが重要です。アウトドアベッドの「コット」の上にマットや寝袋などを設置すると、底冷えから体を守れるでしょう。寝袋には、みの虫のようになるいわゆる「マミー型」や、服のように装着できる「人型」などがあります。人型寝袋は上下で分離させて防寒具のように使うこともできるので便利です。

AC電源の確認

必須ではありませんが、AC電源のコンセントが用意されているキャンプ場では電気毛布などが手軽に使えます。より快適なキャンプを楽しみたい場合には検討してもいいかもしれません。

山梨県・富士山麓で冬キャンプができるキャンプ場

富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場

所在地: 〒401-0338 山梨県南都留郡富士河口湖町富士ヶ嶺696

URL: http://oic-camp.com/

山梨県と静岡県の県境に位置する、富士山にほど近いキャンプ場です。2013年7月にオープンした新しいキャンプ場で、電源付きのキャンプ場やウォシュレット付きのトイレなど、設備が充実しています。

清里丘の公園オートキャンプ場

所在地: 〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545-5

URL: http://www.kiyosato-okanokouen.com/blank-32

清里のキャンプ場で、パターゴルフやテニスなども楽しめます。テントやオイルヒーター、シュラフ、薪、椅子にテーブルなど、さまざまなキャンプ用品のレンタルが利用できるので、少ない手荷物で冬キャンプを楽しみたい方におすすめです。

一の瀬高原キャンプ場

所在地: 〒404-0021 山梨県甲州市塩山一ノ瀬高橋560

URL: http://www.cosmo.ne.jp/~camp/index.htm

笠取山のふもと、標高1250mに位置している高原のキャンプ場です。キャンプ場内に2本の渓流が流れており、冬の自然を目いっぱい味わいたい方ならきっと楽しめます。

キャンピカ明野ふれあいの里

所在地: 〒404-0021 山梨県甲州市塩山一ノ瀬高橋560

URL: http://www.pica-resort.jp/campica-akeno/

茅ヶ岳付近にある、コテージやトレーラーハウス、キャビンなどの宿泊施設が充実しているキャンプ場です。テントサイトには電源付きのエリアもあるので、防寒対策の面でも安心できます。

冬ならではのキャンプ体験を満喫しましょう

冬は一般的にオフシーズンということもあり、夏では予約が取りにくい人気キャンプ場にも行きやすい時期と言えます。空気の美しさや温かい料理の美味しさは、冬キャンプならではの魅力。防寒対策などの準備をしっかり整えたうえで、冬キャンプにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

pagetop
  • 受付時間 9:00~18:00 0120-232-236

    別荘に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。携帯もOK。

    メールでのお問い合わせ

  • 次の休日に見学に行こう。

    お時間に余裕がある方は是非一度現地までお越しください。

    現地見学のお申し込み

  • 資料請求はこちらから。

    興味のある別荘を見つけたら、無料でカタログをお送りします。

    資料請求

お電話でのご相談はこちら 0120-232-236

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

閉じる