上質なワインを長く贅沢に味わうための保管術|フジヤマクロスロード

MENU

資料請求/お問い合わせ/現地見学|富士山の別荘ならフジヤマスタイル

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

上質な時間の過ごし方が、ここに フジヤマクロスロード

上質な時間の過ごし方が、ここに フジヤマクロスロード

TOP > フジヤマクロスロード > 40代・50代のためのセカンドライフ > 上質なワインを長く贅沢に味わうための保管術

40代・50代のためのセカンドライフ2019 / 02 / 28

上質なワインを長く贅沢に味わうための保管術

数あるお酒の中でも特に繊細とされているのがワイン。「ワインは生き物」と多くのワイン通が語るように、ワインは瓶に詰められてからも美味しさのピークに向かって緩やかに熟成を続けていきます。しかし、いくら上質で高級なワインでも保存状態が悪いとすぐに劣化・変質してしまうので注意しなければなりません。

富士山麓で大人の趣味や上質な時間の過ごし方について考えるフジヤマクロスロード。今回は「ワインをどうやって保存したらよいかわからない」という方のために、ワインを長く美味しく飲むための保存方法についてご紹介していきます。

ワインにとっての「最適な環境」とは

繊細なワインが快適に過ごせる環境を作ってあげると、その価値を長く維持しやすくなります。では、どのような環境が「最適」なのでしょうか?

温度は12~15℃

ワインを保管する上で最も大切と言われているのが温度です。20℃を超えるような環境では熟成ではなく劣化してしまいます。反対に寒い場所で保管してしまうと、熟成せず味のバランスが崩れ、美味しさを損なってしまうため注意しましょう。激しい温度変化も変質の原因となります。

湿度は70%~80%ほどで

温度と同時に気をつけたいのが湿度です。乾燥した場所で保管していると、コルクが乾燥して縮み、できた隙間から空気が入ってワインが酸化してしまいます。とはいえ、湿度が高すぎるとエチケット(ラベルの部分)などにカビが発生してしまう可能性もあります。

余計な振動は与えない

ワインは瓶の中で静かに熟成を続けます。余計な振動はワインを変質させてしまう原因になるため、ワインを扱う際はできるだけ衝撃を与えないようにしましょう。電気機器などによる細かな振動にも注意する必要があります。

匂い移りに注意

ワインはコルク栓を介して外部の匂いを吸収してしまいます。そのため、ワインの独特な香りや風味を損なうことないよう、薬品・塗料・野菜といった匂いの強いものを近くに置かないようにしましょう。

光を避けて保管する

ワインは光に当たり続けていると、「還元臭」という不快な臭いを放つようになります。日光はもちろん、蛍光灯などのライトにも影響を受けるため、なるべく光が当たらない暗い場所に保管するようにしましょう。

ワインを横にして保管する意味とは

ワインを横にして保管するのには、「コルクの乾燥を防ぐ」という意味があります。コルクの乾燥はワインを酸化させる原因にもなるため避けなければいけません。ワインを寝かせて内側からコルクを湿らせることで、乾燥から防げます。

冬場と夏場で変わる未開封ワインの保存方法

冬場の保管方法

冬場は暖房などを使用するため部屋が暖かくなります。上述したように温度が高いとワインが劣化しやすくなるので、リビングや寝室などでの保管は避けたほうが良いでしょう。床下や押し入れなど適度な温度が維持でき、かつ光の当たらない場所に保管するのがおすすめです。寒い地域の場合は、ワインボトルを新聞紙などで包んで保管しましょう。

夏場の保管方法

夏場はワインボトルをコルク部分まで新聞紙などで包むようにしましょう。その際、キャップシールの部分をラップで巻き、輪ゴムなどで留めておくと効果的です。基本は床下や押し入れでの保管が望ましいですが、温度が高い場合は冷蔵庫の野菜室に保管しておきましょう。

開封したワインの保存方法

一般的にワインは「開封した日に飲みきる」のがベストです。しかし中には、翌日から数日後の間に起こる味の変化を楽しめるものもあります。「美味しいものは美味しいうちに」も良いですが、「毎日飲んで味の変化を楽しむ」というのも家飲みならでは。以下では、開封後のワインの保存方法をご紹介していきます。

VACUVIN(バキュバン)を使用して保存

バキュバンとは専用のキャップで蓋をした後、ポンプでボトル内の空気を抜くことでワインの酸化を遅らせるアイテムです。専用のキャップをしてポンプで空気を抜くだけなので、比較的簡単に保存できます。ワインの銘柄や個人の味の感じ方などにもよりますが、バキュバンを使用した場合、約一週間は美味しくワインを飲むことができると言われています。ワイングッズを扱うショップ以外に、Amazonや生活雑貨店などでも購入可能です。

VACUVIN(バキュバン)取り扱いオンラインショップ

URL: http://www.jicworld.co.jp/vacuvin/wine.php

AntiOx(アンチオックス)を使用して保存

アンチオックスは、カーボンフィルターを内蔵したシリコン製ワインストッパーです。ボトルの口に被せるだけで、カーボンフィルターがワインの揮発性成分と酸素の接触を抑えてくれます。ただ被せるだけなので、余計な手間もなくワインを保存できるというのは嬉しいポイントと言えるでしょう。

AntiOx(アンチオックス)取り扱いオンラインショップ

URL: https://wineac.jp/?pid=95187298

窒素ガスを注入して保存

ボトル内の酸素を減らす方法として、窒素ガスを入れて蓋をする方法があります。シュッとボトル内にプッシュし、ガスを充満させて蓋を締めるだけなので、比較的手間もかからず酸素を抜くことが可能。ポンプでボトル内の空気を抜くよりも酸素を減らせるとされており、有名なワイナリーやホテルなどでも使用されている方法です。

ワインを正しく保存して上質な味を楽しむ

上質なワインを長く贅沢に味わうなら、ワインの性質を理解し、正しく保管することが必要です。もし、よりしっかりとワインを保管したいというのであれば、専用のワインセラーの購入を検討しましょう。

最近では、細いニードルをコルクに差し込むことで、キャップシールをカットしたりコルクを抜いたりせずにワインを楽しめる「CORAVIN(コラヴァン)」と呼ばれるアイテムも販売されています。コルクを抜かないので、「熟成はさせたいがそこに至るまでの味も堪能したい」という方には打ってつけです。リラックスできる別荘で、上質なワインの味を贅沢に楽しみましょう。

CORAVIN(コラヴァン)取り扱いオンラインショップ

URL: https://wineac.jp/?mode=cate&cbid=2286298&csid=0

pagetop

ScanD HOME ScanD HOME

Close

  • 受付時間 9:00~18:00 0120-232-236

    別荘に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。携帯もOK。

    メールでのお問い合わせ

  • 次の休日に見学に行こう。

    お時間に余裕がある方は是非一度現地までお越しください。

    現地見学のお申し込み

  • 資料請求はこちらから。

    興味のある別荘を見つけたら、無料でカタログをお送りします。

    資料請求

お電話でのご相談はこちら 0120-232-236

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

閉じる