「ペレットストーブ」で、冬の別荘生活に温もりと彩りを|フジヤマクロスロード

MENU

資料請求/お問い合わせ/現地見学|富士山の別荘ならフジヤマスタイル

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

受付時間:9:00~18:00 TEL:0120-232-236

上質な時間の過ごし方が、ここに フジヤマクロスロード

上質な時間の過ごし方が、ここに フジヤマクロスロード

TOP > フジヤマクロスロード > 40代・50代のためのセカンドライフ > 「ペレットストーブ」で、冬の別荘生活に温もりと彩りを

40代・50代のためのセカンドライフ2017 / 01 / 12

「ペレットストーブ」で、冬の別荘生活に温もりと彩りを

暖房器具にはさまざまなタイプがありますが、40代・50代の別荘オーナー様の中には「別荘には暖炉や薪ストーブを設置したい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。暖炉や薪ストーブの中でパチパチと音を立てて薪が燃え、炎がゆらめく光景には、暖かさに加えてどこか心を落ち着かせてくれる優しさがあります。

しかし、煙突などが必要となる暖炉や薪ストーブは大がかりな工事や作業が必要になるため、導入に対して慎重な方や諦めてしまう方も少なくありません。そこで今回は、「よく暖まる」「火を楽しめる」「導入が比較的手軽」というメリットが揃った暖房器具「ペレットストーブ」の魅力に迫りたいと思います。

ペレットストーブの3つの特長

ペレットストーブ(pellet stove)は、「ペレット」という燃料を使用するストーブのことです。スウェーデンをはじめとした北欧諸国を中心に使われてきたストーブですが、日本国内でも1990年代の後半ごろから少しずつ普及し始めました。

ペレットストーブには、大きく「温風が出るもの(強制対流式)」と「輻射熱で暖めるもの(自然対流式)」という2種類があります。強制対流式はファンを回して温風を送り出し、部屋全体の空気をかき混ぜるタイプ。自然対流式ではストーブから出た熱が上昇し、自然に部屋全体の空気が混ざっていきます。強制対流式のほうが効率的で、輻射熱のタイプは少し時間がかかりますが体の芯まで暖めてくれます。

どちらも炎が燃える様子を眺めて楽しめるのは同じですので、好みに合ったタイプのものを選択しましょう。その他のペレットストーブの特長は次の通りです。

燃えかすや灰が出にくいエコ燃料

「ペレット(木質ペレット)」は、本来は廃棄されるような木くずや間伐材などを乾燥・破砕・圧縮して作られる燃料です。ほとんど木の成分のみで作られているため、燃焼時に排出される有害物質が少なく、良質なペレットであれば燃えかすや灰もほとんど出ません。

ペレットストーブでも燃焼にともなってCO2が排出されますが、灯油などの化石燃料とは違って統計上は「CO2を排出しないもの」として取り扱えます。これは、燃料の素材である樹木が光合成の過程でCO2を吸収しているため、「炭素循環の枠内でCO2総量は増加していない」と見なせるからです。この「排出されるCO2と吸収されるCO2が同量である」という考え方を「カーボンニュートラル」と言い、近年の地球環境を取り巻く状況の中で極めて重要な視点となってきています。

既存の住宅でも比較的手軽に設置できる

ペレットストーブは大量の煙を出さないため、薪ストーブのように屋根に穴をあけて設置する長い煙突が不要です。壁に簡単な排気筒を通す穴を開けるだけで良いので、比較的手軽に設置できます。そのため、本格的な暖炉や薪ストーブの導入を諦めていたオーナー様に特に好評です。

なお、煙や灰の量はペレットの種類によって異なります。ペレットには樹皮を含まない「木部ペレット(ホワイトペレット)」、樹皮を含む「全木ペレット」、樹皮が主体の「樹皮ペレット(バークペレット)」があり、樹皮を含むものほど煙や灰は多くなります。

設備の耐用年数が長く、燃料の取り扱いも容易

化石燃料、特に重油には硫黄が多く含まれているため、低温腐食を起こしてボイラーの寿命を縮めてしまいます。木質ペレットにはそういった物質が含まれていないので、一般にペレットボイラーは重油ボイラーの約2倍、15~20年ほど持つと言われています。

また、燃料の取り扱いが容易なのもメリットと言えるでしょう。ペレットは数センチほどの大きさの円筒形で、乾燥タイプのドッグフードに似た見た目をしています。薪のように大きくないので女性でも取り扱いやすく、通販などで簡単に入手することが可能です。

自治体によっては補助金が出る場合もあります

地球環境保護やエコロジーの観点からペレットストーブの設置を奨励し、補助金を出している自治体も存在しています。山中湖畔別荘地がある山中湖村でも、平成27年4月1日から木質ペレットストーブの設置費用に関する補助金の受付を開始しています。

URL: http://www.vill.yamanakako.lg.jp/docs/2014120400013/

山梨県だけでなく、全国さまざまな自治体で補助制度が実施されています。まずは確認してみると良いでしょう。

 

別荘ライフに温もりと彩りを与えてくれる存在

ペレットストーブは着火や換気などのために電力が必要なため、停電時には使えません。また、1時間に1kgほどのペレットが必要なため長期滞在時には大量のペレットを用意しなければならない、ペレットの保管スペースが必要になるなど、デメリットがないわけではありません。

しかし、ペレットストーブの暖かさと安らぎ、使いやすさは魅力的です。ご家族のニーズに合えば、真冬の別荘ライフに温もりと彩りをもたらしてくれることでしょう。既存の別荘への後付けも可能ですので、まずは実物を見て、ゆらめく炎がもたらしてくれる暖かさのように「じっくり」検討してみてはいかがでしょうか。

手軽に導入しやすいのがペレットストーブの魅力ですが、理想の別荘ライフを実現したいなら、もちろん本格的な薪ストーブを購入・設置するというのも手です。これから別荘の新築を考えている方もすでに別荘をお持ちの方も、「心地よい火のある暮らし」を実現してみませんか?

冬の暮らしを炎で彩る薪ストーブの選び方

薪ストーブ生活をより快適にするこだわり

pagetop
  • 受付時間 9:00~18:00 0120-232-236

    別荘に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。携帯もOK。

    メールでのお問い合わせ

  • 次の休日に見学に行こう。

    お時間に余裕がある方は是非一度現地までお越しください。

    現地見学のお申し込み

  • 資料請求はこちらから。

    興味のある別荘を見つけたら、無料でカタログをお送りします。

    資料請求

お電話でのご相談はこちら 0120-232-236

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

閉じる